ナディアパーク

ABOUT

ナディアパークについて

ナディアパークは「これからの名古屋の都市生活をデザインする文化・産業・アミューズメントの情報、交流の場」を開発テーマに、名古屋市立中央高等学校の跡地を再開発したもので、1996年11月に開業しました。
デザインセンタービルとビジネスセンタービルからなるツインビルで、構造的には地下で一体化されています。また、両棟は地上部で吹抜けのアトリウムを挟んで並立し、連絡通路により双方の回遊性を高めています。
ビルの所有は、名古屋市(デザインセンタービル7階~12階)、株式会社国際デザインセンター(同 B1階~7階)、三菱UFJ信託銀行株式会社(ビジネスセンタービル全階)の三者による区分所有になっています。

名称の由来について

デザイン都市・名古屋から新しいもの、楽しいことを発信し、世界の人々が集うメディアポートでありたいとの願いを込めて「NADYA PARK(ナディアパーク)」と名付けられました。

建物概要

施設名称 ナディアパーク(デザインセンタービル・ビジネスセンタービルによるツインビル)
所在地 〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目18番1号
設計監理 名古屋市、株式会社大建設計
施工 デザインセンタービル:
熊谷組・淺沼組・太平工業・大豊建設・伊藤工務店 特別共同企業体
ビジネスセンタービル:
戸田建設・竹中工務店・三菱建設・ナカノコーポレーション・福田組・大日本土木・矢作建設工業 共同企業体
工期 1994年3月~1996年10月
敷地面積 8271.06㎡
建築面積 6835.27㎡
延床面積 91668.60㎡
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
規模 地下:4階
地上:デザインセンタービル12階 塔屋1階
ビジネスセンタービル23階 塔屋3階
最高高さ デザインセンタービル77.925m
ビジネスセンタービル108.050m
駐車場台数 440台
建物用途 事務所、店舗、劇場、展示場等
管理者 株式会社国際デザインセンター

受賞歴

  • 平成9年度 名古屋市都市景観賞
  • 第29回 中部建築賞
  • 優良消防防災システム消防庁長官賞
  • 第5回 愛知まちなみ建築賞
  • 平成8年 照明普及賞

ロケーションについて -栄ミナミエリア-

栄ミナミのランドマークタワーナディアパーク
アソブ、ハタラク、ウミダス
カルチャーとアートとヒトが集う場所

ナディアパークは、名古屋の都心「栄」の南に位置しています。
名古屋市美術館・科学館などの文化施設、三越•松坂屋・パルコなど商業・ビジネスの拠点である広小路通・大津通近くに位置しており、文化と交流の創造にふさわしいロケーションです。

ナディアパークの誕生以来、周辺エリアはこれまでにないほど活気にあふれ、飲食店をはじめとする各ショップも大変賑わいを見せています。
さらに大須地区へ足を運ぶ人も増えるなど、ナディアパークは街全体を活性化するキーステーションとして機能しています。

営業時間

LOFT名古屋

通常営業:
午前10時30分〜午後8時

CREARE

通常営業:
午前11時00分〜午後8時

総合案内

ナディアパークについて

メニュー展開